カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
bud magazine

友達のゆーじ君と作った雑誌チーム、bud magazineのアートブック、bud book
がついについにリリースされます!!
12月7日発売/500円!!
リリースを記念して、敦賀(福井)のパーティーにお呼ばれされました。
riddim saunterのアコースティックライブやら、soundscapeからtomohiro君がDJで参戦、
budmagazine×古川太一(riddim saunter)×tomohiro(soundscape)のトークショーもやります。僕らが注目しているアート・音楽シーンやriddimの秘話なども盛り込んで喋ろうと思います。
面白いイベントになるはずなので、敦賀に集合しましょう。
もちろん当日はbudbookも販売します。

buds of Camellia presents “Notes Unfold ”
@tree  福井県敦賀市津内町1-3-5 1F
map
2007.12.09 (Sun)
open  17:00 / start 18:00
adv. ¥2,500(1D)
チケットは前売り制とさせていただきます。
ご協力お願いします。

LIVE:
Riddim Saunter(Acoustic Live)

DJ:
Chikashi Nishiwaki(tree)
古川太一(Riddim Saunter)
WATARU YOSHIMURA (tree)
tomohiro(SOUNDSCAPE)

TALK:
budmagazine×古川太一(Riddim Saunter)×tomohiro(soundscape)

info:
tree 0770-21-3033
buds-of-c@hotmail.co.jp

チケットご予約は
buds-of-c@hotmail.co.jp まで、お名前、枚数を明記の上、メールを送信下さい。
(携帯からは送れない場合がございます。ご了承ください)

by m-s-c | 2007-11-26 22:49 | Design works
Buy Nothing Day
11.24は
f0114499_7383442.jpg

でした。
Buy Nothing Dayとは、一年に一日だけ本当に必要なもの以外は何も買わずに過ごしてみようという日です。
現在、カナダのアドバスターズ・メディア財団が中心となって進めている運動で、
現在の大量消費至上主義的なライフスタイルへのに対する警鐘が込められています。
日本では毎年11月最後の土曜日に設定されており、年々その運動は広まっています。
詳しくはBuy Nothing Day Japanにて。

実際に、この日は朝から何も買わずに過ごしてみました。メシは家で作り、飲み物は家でSIGGのボトルに入れて持ち歩き、
ちょうど夜に大阪でやっていたVICE MAGAZINEのパーティーはエントランスフリー。交通費は前もって買っておいたスルッとKANSAIカードで払ったという計画的な行動。
一日何にも買わないで過ごすのは、思いのほか大変でした。けど、お金を一円も使わない日ってのは結構気持ちいいものでした。
そしてBuy Nothing Day解禁日最初の買い物はクラブでの酒だったという、何とも楽しい一日でした。
by m-s-c | 2007-11-25 07:39 | Journal
Tokyo
先日から4日間弱、東京に行って来ました。
突然行く決心がつき、突然行って、そして無事京都に戻って来ました。
f0114499_1221177.jpg

新幹線の中でもとりわけ300系と700系に対しては何の魅力も感じません。
と言いつつも行きのこだま(あえてこだまという選択が渋い)は300系でした。改めて乗ると、けっこう揺れるし、うるさいし、ちょっとした恐怖を感じるほどでした。
書き出すと止まりませんが、これ以上書くと鉄道オタクのWebサイトになってしまうのでこの辺にしときます。
f0114499_126327.jpg

f0114499_1264655.jpg

付いた初日は、FBYのライブにお邪魔して来ました。ちょっとした機材トラブルにも全く動じない貫禄パフォーマンスに圧巻!
その後、オルガンバーの12周年イベントへ。テキーラとワインによってゴミと化しました。
f0114499_1294870.jpg

f0114499_130224.jpgf0114499_1301460.jpg
f0114499_1302687.jpg

f0114499_130397.jpg

f0114499_1305292.jpg

f0114499_131444.jpg

洋酒酢けになった翌日は高校からの友人、青柳くんと合流してDesignTideとDesigner’s Weekへ行って来ました。
両方とも初めて見に来ましたが、ここまで大規模に開催されているのは今年が初めてのようです。
DesignTideはプロダクト中心、Designer’s Weekはデザインの見本市といった感じで、企業とのコラボを積極的に行っていました。学生の作品もなかなか面白かった。
夜は、DesignTideの関連イベントの、ペチャクチャナイトに行って来ました。
DesignTideに参加しているデザイナーがそれぞれスライドを使ってプレゼンをし、観客は酒を飲みながら見る、時には盛り上がるというイベントでした。それぞれ結構難しいことを言っていた気がするのですが、酒の力と夜の力が相まってスッと入ってくる感じが爽快でした。
こんなイベントには頻繁に行きたいです。
f0114499_1401944.jpg

f0114499_1403220.jpg

f0114499_1404497.jpg

f0114499_141058.jpg

その次の日は、六本木クロッシングを見に行った後、
デザイン系の展覧会をウロウロして来ました。
服部一成さんの展覧会では、ストライプの色と太さの違いで表現されるケーキのポスターなどが展示されていました。本人も会場に来ており、話すことも出来たのでとても良かったです。緊張しました。
その後、葛西薫さんの展覧会を見に行きました。一貫して落ち着きのあるデザインが葛西さんの特徴だと思っていたのですが、若かりし頃に手がけたものにはコラージュを多用したものや、余白なしのデザインなど、意外なものをみることができて興味深かったです。
しかし、レタリングからデザインに入った人なので、一文字一文字に深みがありました。いきなりコンピュータだった世代には出せない味でした。
最後にgggヘ行き、デザイン会社capがキュレイションした展覧会WELCOME TO MAGAZINE POOLのオープニングにお邪魔させて頂きました。
BUTTのほかにKUTTもあるのかー、と初めて知りました。
レイ・ガンのデイビッド・カーソンのレイアウトにはやはり圧巻されましたが、セルフサービスのワークインプログレスもすごい。
やっぱりマガジンだろう、と改めて感じることができました。
f0114499_20242.jpg

f0114499_203529.jpg

そして最終日は、東京都現代美術館に行きSPACE FOR YOUR FUTUREという展覧会をみて来ました。
コンテンポラリー・デザインとアートに焦点を絞った展覧会で、有名どこがおさえられているお得な展覧会でした。全体的に快感とか幻想とかが裏テーマになっているのではないかと思ったけどどうなんだろう。
今回出品していた中の一人エルネスト・ネトは、いつも観客と彫刻との一体感を感じられる作品を作る作家ですが、
今回のヒューマノイドという作品は、ネトの考えたダッチワイフではないのだろうかと思いました。
その後、渋谷のワンダーサイトヘ行きました。隣にあるkurageカフェをアバケが改造していてそこで、ぱぶくいずというイベントを行っていました。ビールを飲みながらロンドンに関するトリビアに答えて行くというもの。
やっとここでアバケに会えた!! どうやらmyspaceを始めたようです。
ロンドンに行ったらまた会いたいですと行って、帰りの電車の時間が。
N700系だったというおまけ付きの東京道中でした(こうやってみると100系に似てなくもない)。
by m-s-c | 2007-11-04 02:17 | Journal