カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Research( 26 )
Fast Food Industries and Local Society
f0114499_10261841.jpg

f0114499_10264395.jpg

f0114499_102741100.jpg

f0114499_10281116.jpg

f0114499_10283564.jpg

f0114499_1029535.jpg

f0114499_10292966.jpg

f0114499_10295792.jpg

f0114499_10302213.jpg

f0114499_10304340.jpg


– What is the relationship between fast-food industries and local societies in
London?

It is the distinction of London that each borough is home
to particular nationalities and communities.
When I first came to London, I noticed this distinction,
and also that every specific area for ethnic minorities has
many fast-food businesses on the street.
I supposed this kind of industries might be related to
some issues in London like people’s health, immigration, and
poverty.
--
– ロンドンにおけるファストフード産業と地域社会の関係とは?
ロンドンの各区には様々な国籍からなるコミュニティが存在する。
この特徴は僕がロンドンに初めて来たときからずっと感じてきたものであり、
特定の民族がいるエリアに行くと決まってファストフードの店舗が建ち並んでいる。
そこで僕は、ロンドンにおける健康や移民、貧困などの問題に対して、
ファストフード産業が何か密接に関わっているのではないかと推測した。
by m-s-c | 2009-06-25 10:30 | Research
Strategies for Visual Research
視覚研究のためのストラテジー
Strategies for Visual Research

ここ最近は、グリッドとその構造、タイポグラフィとそのフォルムに関してリサーチを続けていました。それらを一冊の本にまとめてみました。
I had made one research folio for Grids/Structure and Typography/Letterform.
f0114499_5235438.jpg



01. Grids & Structure
- On the Grid Straight / Curvy
f0114499_5245561.jpg



02. Typography & Letterform
- Typology of Type
f0114499_8205618.jpg

f0114499_5252996.jpg

f0114499_8184957.jpg

f0114499_8191382.jpg

タイポグラフィを調べるにあたって、そこに用いられる書体の数は数えきれない。
形をみわける方法は例えば、ローマン体/サンセリフ、ノーマル/イタリック、細字/太字、縦長/横長などなど。
しかしその星の数ほどあるバリエーションの中から1つの書体を選ぶ基準というのは何なのだろうか。それはどうやら書体が用いられる場所/目的と、その書体が与える印象が深く関係し合っているのではないだろうか。
例えばターミナル駅の中では、サンセリフ体が多く用いられる傾向にある。それはサンセリフ体がスタイリッシュで近代的、機能的に見えるからである。またスポーツクラブなどのフィットネス関連施設(とりわけ僕はスイミングプールに重点を置いたが)においてもサンセリフ体が用いられることが多い。しかしそれはより太字で、斜体がかっているものが多い。なぜならそれらは力強く見え、スピード感が感じられるからである。また各地域にあるレストランやパブ、カフェなどでは一般的にローマン体や細字の書体が用いられる傾向がある。それらはどこか伝統がある、嘘がない雰囲気を持っていたり、ものの手作り感をあたえたりするからである。しかし同じような食品に関する施設でも、マクドナルドやスターバックス、セインズベリーやテスコなどの大規模なチェーン店では、太めのサンセリフ体が用いられている。それらは力強く見え、人々に認識されやすいからである。
--
When we consider typography, we find that it made up of a variety or different typefaces: such as Roman or San-Serif, Normal or Italic, Thin or Bold, Condensed or Extended and so on. But when we select a type from millions of possibilities, what is the decision based on? The selection would seem to be related to specific places, purposes and impressions of each type.
For example, terminal stations tend to use Sans Serif fonts because they look stylish, modern and functional. Sports clubs (I researched swimming pools in particular) tend to use Sans Serif, and a Bold or Slanted typeface because it looks powerful and embodies speed. In addition, some local restaurants, pubs or cafes tend to use Roman or Thin fonts because they look traditional, honest, and homemade. But even if they deal with the food industry, huge chain companies such as Mc Donald’s, Starbucks, Sainsbury’s and Tesco tend to use Bold-Sans Serif because it looks strong, and is easy to recognise.


- Vegetypo
f0114499_852991.jpg

f0114499_527584.jpg

f0114499_5291271.jpg

f0114499_5293768.jpg

--
料理をしているとき、僕は野菜が持つユニークな形に注目している。
野菜が持つ有機的なラインや、面白い構造はそれらを切り刻んだときにあらわになるだろう。
例えばタマネギを切れば、重なり合う円が姿をあらわし、キノコを切ればアルファベットの‘T’のような形が生まれてくる。
また野菜には色のバリエーションが多数存在する。ほうれん草のグリーン、ピーマンのオレンジ、グリーン、黄色など。
それらの野菜をとなりどうしに並べれば、思いがけない自然な色と形の組み合わせを生み出すことができる。
はじめに僕は「トニーズ・コンチネンタル」という商店街の八百屋さんで26種類の野菜を購入した。その店は今まで日本では見たこともないような野菜や果物をたくさん揃えている。またこのような地域に密着している店は、大きなスーパーマーケットよりも親切であるのもポイントだ。
そして家に帰り、まな板の上で考えながら野菜を切り刻んだ。その後それらを撮影し、コンピュータ上でレイアウトしてみた。しかし、背景にあるまな板は、肝心の野菜よりもインパクトが強かったので、野菜を一つ一つコンピュータ上でトレースした。
--
When I was cooking, I often noticed that vegetables have unique forms.
Their organic lines and interesting structures will be emphasised when they will be cut.
For example, when I cut an onion, overlapping circles will be appeared.
For a mushroom, the unique form like ‘T’ will be appeared.
Vegetables also have their various colours. Spinach has fresh green, peppers have vivid orange or green or sometimes yellow.
If vegetables are placed side by side, their natural colours and forms cause unexpected harmony. So, I attempted to make typography using these unexpected effects.
Firstly, I bought 26 kinds of vegetables from the local vegetables shop named ‘Tony’s Continental’. The shop sales singular vegetables which I have never seen in Japan.
And this kind of shop based on a local community is friendlier than such a huge supermarket.
Then I cut vegetables intentionally on a chopping board, and they were emphasised their organic forms.
After cutting, I took photos of them, and laid their photos out using a computer.
However, the background of a chopping board was much more forceful than vegetables.
Therefore, I traced out vegetables from the background.

Taqya
by m-s-c | 2009-05-14 05:30 | Research
Screen Printing
f0114499_3355151.jpg

f0114499_335074.jpg

f0114499_337479.jpg

f0114499_3355981.jpg

f0114499_338249.jpg

f0114499_337257.jpg

f0114499_3385817.jpg


シルクスクリーンを楽しんでいます。
高校の時にアンディ・ウォーホルのキャンベルスープ缶やマリリンの作品を見て以来、
ずーっとやってみたかったのがこのスクリーン・プリンティング。
4色のイメージを刷り上げるのに一週間くらいかかってしまいます。
仕上がった網点はかっこいいのですが、まだ納得いきません。
多分、これから長いことこの工房と時を過ごすことになりそうです…!
--
I am enjoying with screen printing.
When I was a high school student, I was impressed by Andy Warhol’s Campbell Soup Cans & Marilyn. I had been desiring to do screen printing since then.
So, I spent almost 1 week to print just 4 colour image. Dots of print are cool, but I am not satisfied it yet.
Maybe, I will stay in this workshop so long time in the future…!

Taqya
by m-s-c | 2009-04-20 03:38 | Research
Chaos & Depression
部屋のホコリや、満員電車、片付けられていないテーブル、流れていないトイレ…それらは一目見ただけで吐き気がする様なカオスと憂鬱のイメージだ。
しかし、デザインにおいて重要とされる整列、美しさ、計算、合理性などの要素とはかけ離れたそれらのイメージには、人の視線を一瞬にして背けさせるだけの、何かとてつもない力が宿っているのかもしれない。つまり、私たちに対して肯定的な印象を与えるイメージも否定的な印象を与えるイメージも、前段階として同様に何らかの力を持っており、私たちはその力に対して反応し、ただ肯定的もしくは否定的に認識しているだけなのではないだろうか。
では、前段階の力とは何なのだろうか。その理解第一歩として、憂鬱を促すイメージを取り集めることとする。
--
Dusty rooms, jam-packed trains, dirty tables, non-flushing toilet… These images make us nauseate and these are also chaos and depression.
But, these kind of images, which might be totally different from alignment, aesthetic, calculation and rationality, could have massive power which let us look away immediately. Thus, both of positive and negative images might have same primal impacts, and we catch them, and then, we only recognise them positive or negative.
So, what the primal impact of the images? For the first step to consider them, I would like to collect negative images.

f0114499_1238845.jpg

f0114499_12384927.jpg

f0114499_12392190.jpg

f0114499_12394617.jpg

f0114499_12401216.jpg

f0114499_12403538.jpg

f0114499_12405972.jpg

by m-s-c | 2009-02-21 11:57 | Research
Letterpress
f0114499_12321511.jpg

ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーションにて活版印刷のワークショップに参加した。
1pica(パイカ)=12pt(ポイント)、これは文字を考えるときの1つのものさしとなる。
文字を組み立てるプロセスはコンピュータでのそれとはまったく違う。
もし、文字と文字の間にスペースが必要なら、そこにはMidという名のブロックを1つ差し込まなければならない。
マージンが必要なら、そこには6×6 picaのブロックをおく必要がある。
さらにフォントを変えたいときは、重たい金属のタイプがつまったケースを棚の中から取り出してこなければならない。
もちろんそれには大変な時間がかかる。
しかし、「文字組み」というものがどのように成り立っているのか、
それをどう組み立てていくのかを知るための大変重要なプロセスとなるだろう。
そして仕上がったテクスチャーも素晴らしいものになる。
--
It was an amazing experience at the letterpress workshop at London College of Communication.
‘1 pica = 12pt’. This is one of measure when we consider for lettering.
The process is totally different from using a computer:
if I need space between words, I need to place mid letter-blocks,
when I need a margin, there are some 6x6 pica blocks,
and when changing the font, I have to pick up another heavy metal typecase from the shelf.
Of course, it takes a long time, but it is useful to know how types consist of,
and the texture is also lovely.
f0114499_12323525.jpg

f0114499_1232551.jpg

f0114499_12331572.jpg

f0114499_12334279.jpg

f0114499_12345825.jpg

f0114499_12351881.jpg

f0114499_12353671.jpg

by m-s-c | 2009-02-12 12:34 | Research
on the grid straight & curvy
f0114499_10494450.jpg

f0114499_10502647.jpg

f0114499_10514768.jpg

f0114499_10521842.jpg

f0114499_10515116.jpg

f0114499_10532490.jpg

f0114499_105247100.jpg

f0114499_10533067.jpg

f0114499_1056181.jpg

f0114499_10573087.jpg
f0114499_1058034.jpg


先日より、グリッドシステムについてのリサーチを試みている。
グリッドを考えるとき、それらは大きく分けて「直線的なもの」と「曲線的なもの」
の二つに分けることができるだろう。
そこで、ミニマリストの作品や、街の中にある建築などからグリッドを見いだし、
それがどのように機能しているのか、そこにはどんなルールが存在しているのかについて分析してみた。
--
I spent lovely time to do this research and make this booklet.
When thinking about the grid system, I can concern two types of them: Straight and Curvy.
I attempted to collect grid systems from minimalist’s paintings and architectures around the city. Then, I analysed how they work, what’s the rules of them and so on…
by m-s-c | 2009-02-07 10:58 | Research